健康

腸快調!絶好調!日々の生活にオリゴ糖を!

こんにちは。いのりです。

腸活してますか?

ご存じの通り、腸内環境は健康に大きく影響します。

食物繊維を摂ったり、発酵食品を食べたり、ヨーグルトを食べたり。

私が普段からやっているお手軽腸活をご紹介します。

砂糖のかわりにオリゴ糖を!

我が家には砂糖がありません。

もう使わないので数年前に全て処分しました。

代わりに使っているのがオリゴ糖です。

コーヒー、ヨーグルト、煮物、お菓子作りなどなど、砂糖と同じようにオリゴ糖を使っています。

オリゴ糖にはしっかりと甘味がります。

しかし「難消化性」のため分解吸収されにくいのです。

ですから糖質としてエネルギーになりにくく、低カロリーなのです。

(参考~我が家で使っているオリゴ糖です↓)

オリゴ糖の働き

オリゴ糖は消化酵素でほとんど分解されません。

分解されずに大腸に届いたオリゴ糖は、ビフィズス菌のエサとなってビフィズス菌を増やします。

ビフィズス菌は腸内環境を整える善玉菌として知られています。

これはなぜかというと、ビフィズス菌が酢酸・プロピオン酸などの有機酸を生みだし、この有機酸によって腸内が弱酸性に傾き、腸内の悪玉菌の活動が抑えられ腸の蠕動運動が活性になるので、便秘や便臭の改善につながるのです。

さらに有機酸により腸内が弱酸性になることで、カルシウムなどのミネラルが溶けやすくなり体内へ吸収されやすくなる「ミネラルの吸収促進作用」があります。

まとめ:砂糖の代わりにオリゴ糖で腸内環境向上を

いろいろと小難しいことは抜きにして、

砂糖の代わりにオリゴ糖を使おう!

ということです。

砂糖よりも低カロリーで血糖値の上昇も抑えられ、善玉菌の餌になって腸内環境を向上させるという、いいことづくめのオリゴ糖。

健康は腸からです!

日ごろの生活に上手に取り入れてより一層健康になりましょう!《祈》

参考

我が家では小豆(あずき)からあんこを作っていますが、もちろん砂糖の代わりにオリゴ糖を使っています。

小豆とオリゴ糖の健康パワーの相乗効果が期待できる超健康あんこです。

あま~いあんこを大盛で食べる幸せ!しかも身体にイイんです!

そんなあんこの作り方はコチラをどうぞ。